ふるさと納税の読みもの

300以上の自治体にふるさと納税したことがある著者が、ふるさと納税について語るサイトです。

ふるさと納税関連の時事ネタまとめ!最新ニュースから世の中の動向まで。

ふるさと納税に関連する最新ニュースや動向をまとめた記事カテゴリです。ふるさと納税の今を知りたい…という方はこちらをご覧ください。

ふるさと納税が規制強化された後も、楽天ポイントが最大20%程度もらえる楽天ふるさと納税!規制対象となった他サイトとの違いが不明です。

現在、楽天市場では楽天スーパーセールが開催中。 この楽天スーパーセール開催時に楽天ふるさと納税を利用して納税をすると、寄付額に対して最大20%前後の楽天ポイントが貰えるわけですが、これって2019年6月1日より改訂されたふるさと納税の規約的には大丈…

ふるさと納税でもらえる旅行ギフトカードが1月末で完全消滅!この先、復活はあるかも…ですが、還元率50%での復活は望み薄です。

まだ2019年に入ったばかりの1月ではありますが、もしかするとこれが今年のラストチャンスになるかも? ふるさと納税で配布されている旅行ギフトカードが、どうやらこの1月31日をもって完全消滅してしまうようです。ふるさと納税の情報サイトである「ふるなび…

総務省発表の「ふるさと納税の違反自治体」が急増!キャンペーンの影響もあれど、趣旨に反している市町村数はまったく減らない状況です。

ふるさと納税を管轄している総務省は2018年12月27日付けで、ふるさと納税の趣旨に反している自治体を公表。 今回はなんと11月1日時点の調査に比べ、寄付額の3割以上の返礼品を送付している違反自治体が25団体から52団体に倍増と、いわば総務省のメンツが潰れ…

ふるさと納税サイト「さとふる」が開始した100億円還元キャンペーン、早速、総務省に怒られて多くの自治体が参加辞退に。

ふるさと納税の大手情報サイトである「さとふる」。 さとふる このさとふるにて2019年12月15日に開始された100億円還元キャンペーンは、寄付額に対して最大10%分のAmazonギフト券をプレゼントするという太っ腹企画…だったんですが、総務省から早速怒られて…

楽天ふるさと納税がお得じゃなくなるかも!?泉佐野市が楽天ふるさと納税から、ビールやコカコーラ製品等の高還元率返礼品を取り下げ。

楽天カード保有者が寄付をすると5~10%前後のポイントが貯まると人気な、楽天市場のふるさと納税コーナーである『楽天ふるさと納税』。 楽天ふるさと納税 この楽天ふるさと納税に登録されている返礼品に「ある変化」が生じそうなので、今回はその点について…

ふるさと納税、家電やギフト券などの返礼品は理由を問わず全廃の方向性に!但し、強制力のない通達なので続ける自治体はあるのかも。

2017年3月31日付けで総務省がふるさと納税の対策を発表し、2017年4月1日以降は地域への貢献等を問わず、家電やギフト券などの配布は全廃していく方針を固めたようです。ロイターが報じました。 返礼品、寄付の3割まで | ロイター 総務省は31日、ふるさと…

ふるさと納税で家具や家電、商品券の復活があるかも?新しく総務相に就任した野田聖子氏が、返礼品を柔軟に認める考えを示唆。

先日行われた内閣改造により新しく総務相に就任した野田聖子氏が、報道各社へのインタビューの中で、家具や家電、商品券といったふるさと納税の返礼品も柔軟に認める考えを示唆したようです。 朝日新聞が報じました。 ふるさと納税返礼品、野田総務相が柔軟…

ふるさと納税の御礼品から家電が消えるのか…と思いきや、10万円未満の電化製品限定で継続決定!長野県伊那市が独自基準を発表。

ふるさと納税の御礼品に電子レンジや掃除機、テレビといった家電を並べていた自治体は数多くあれど、その中でも特に有名だった長野県伊那市が、総務省からの通達*1を受けて今後の方針を発表しました。 長野県伊那市のふるさと納税 どうやら10万円未満の家電…

ふるさと納税でNECパソコンが貰えると人気の米沢市が、返礼品からパソコンを廃止!?仮に継続されるとしても、還元率悪化は免れません。

ふるさと納税でNECパソコンが守られると人気の山形県米沢市。 山形県米沢市の返礼品一覧 ふるさと納税 個人的にも納税先としておすすめの地方自治体だったんですが、どうやら総務省による再三に渡る通達を受け、ついに返礼品からパソコンを排除する方向性の…

『ふるさと納税でVAIOのパソコン配布、続けさせて!』と安曇野市が総務省に要請。この結果次第でふるさと納税の今後が決まりそうです。

2017年4月1日に、総務省から各市区町村に通達された「ふるさと納税の返礼品に関する目安」。 ふるさと納税、家電やギフト券などの返礼品は理由を問わず、原則、全廃の方向性に この目安では納税額の3割程度を返礼品の基準とし、家電やパソコン、商品券などの…

市税収87億円の伊那市、ふるさと納税で60億円のお金を集める(2016年度)!最終的には70億円の財源確保となるようです。

財政難で苦しむ地方自治体が多い中、これは良いニュース…なのかもしれません。 長野県にある伊那市という市税収87億円ほどの自治体が、2016年度のふるさと納税でこのままだと70億円以上を集めるのではないか…という情報が出てきました。長野日報によるニュー…

PAGE TOP